​リアリティには何も言わずにきた2人。男は村瀬統也、女はアンカa.k.a.大嶺美香。

 

村瀬統也は信天翁、hippiehappyhat、グツドバイ等でフロントマンとして活動。

アンカはankarise(アンカライズ)のソロユニット名で弾き語り、また女優では大嶺美香として林海象監督作品

「濱マイクシリーズ」の映画やその他CM、舞台に出演するなど活動してきた。

長い年月が経ち、偶然出会った2人が未知の時間を音を求めて辿り着いた場所。

そこで流れ始めるのは張り詰めた甘美な世界。浮遊する夢で見たいつかの場面。

村瀬の囁くような思い出にスッと入り込んでくるハスキーな甘い歌声。

アンカの反逆と脆弱の世界を行ったり来たりする歌声。

重なり合った時、2人にしか出せない音がそこに宿っていた。

心を揺さぶられる観客が多数出た、衝撃的な怒涛の2年間のライブ活動。

ライブ会場で完売し、再発を繰り返した自主ミニアルバム、『ふあ・すと』と『セカ・ンド』 。

2018年6月には満を持して、1stフルアルバム『シクスシクス』をリリース。異例のセールスを記録中。

言葉のない母性の迸る声と、狂気を孕んだ宙を舞うギターとがぶつかり合う瞬間のバースト達が

生み落とすサウンドを聴いたら心に残りもう消えない。

© 2018 six six